ページ
先頭へ


ホーム > 症状から選ぶ漢方薬

症状から選ぶ漢方薬

呼吸器感 冒インフルエンザ気管支炎気管支喘息肺炎

循環器肋膜炎心臓弁膜症狭心症動脈硬化高血圧低血圧

消化器口内炎胃炎胃下垂胃酸過多胃・十二指潰瘍腸炎盲腸肝炎肝硬変胆石

泌尿器腎炎急性腎炎慢性腎盂炎腎・膀胱結石膀胱炎

新陳代謝貧血脂肪過多糖尿病

運動器関節炎五十肩リウマチ

神経系ノイローゼ神経痛

※ステキに漢方相談では、症状に合わせた一般的な処方を掲載しております。実際に服用される場合は、必ず薬剤師の指示にしたがって服用してください。

  • 呼吸器

    • 【感 冒】
      • 麻黄湯(マオウトウ):風のひき始め、悪寒・発熱・頭痛・関節痛
      • 葛根湯(カッコントウ):悪寒・発熱・頭痛・首筋や背中のこわばるもの
      • 升麻葛根湯(ショウマカッコントウ):感冒の初期で発疹を伴う時
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):胸脇苦満、口苦微熱が続く
      • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):微熱、寒気、頭痛、吐き気のある感冒の後期の症状、胸脇苦満、食欲不振
      • 桂枝湯(ケイシトウ):風邪の初期、体力が衰えたとき
      • 五苓散(ゴレイサン):口渇、尿量減少し食欲不振
      • 参蘇飲(ジンソインウ):発熱、頭痛、咳や痰のある感冒
      • 香蘇散(コウソサン):胃腸が弱く、気鬱症で神経質
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):こじれた風邪、手足がだるい、食欲不振
      • 五積散(ゴシャクサン):慢性に経過し、症状のはげしくない冷え症
    • 【インフルエンザ】
      • 麻黄湯(マオウトウ):風のひき始め、悪寒・発熱・頭痛・関節痛
      • 大青龍湯(ダイセイリュウトウ):筋肉質で、頭重、身体の重だるい
      • 葛根湯(カッコントウ):悪寒・発熱・頭痛・首筋や背中のこわばるもの
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):腹痛、しぶり腹で下痢する時
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):胸脇苦満、口苦微熱が続く
      • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):腹鳴下痢、悪心、嘔吐
      • 麦門冬湯(バクモンドウトウ):咳が続き、痰が切れにくい時
      • 真武湯(シンブトウ):虚弱体質や老人
      • 四逆湯(シギャクトウ):下痢、四肢冷え
    • 【気管支炎】
      • 麻黄湯(マオウトウ):風のひき始め、悪寒・発熱・頭痛・関節痛
      • 小青龍湯(ショウセイリュウトウ):咳が多く、口渇、泡沫のような痰の出る時
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):口渇、口苦、食欲不振、咳の出る時
      • 大青龍湯(ダイセイリュウトウ):筋肉質で、頭重、身体の重だるい
      • 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ):胃腸丈夫で、喘咳、発作、時に発汗、口渇
      • 麦門冬湯(バクモンドウトウ):のどの奥が乾燥、痰が切れにくく、痙攣性の強い咳が発作的に出る
      • 炙甘草湯(シャカンゾウトウ):息切れと動悸のするもの
      • 神秘湯(シンビトウ):喀痰少なくて、呼吸困難を訴えるもの
    • 【気管支喘息】
      • 小青龍湯(ショウセイリュウトウ):腹直筋が棒状に硬く発作直前に鼻汁を流す
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):口渇、口苦、食欲不振、咳の出る時
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ)+半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):胸脇苦満、便秘性、口渇、発作時苦悶
      • 小青龍湯(ショウセイリュウトウ)+麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ):口渇、息切れ、せきこむもの、食欲不振
      • 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ):呼吸困難の発作時に頓服、多汗
      • 神秘湯(シンビトウ):腹力弱く、喀痰少なく、呼吸困難を訴えるもの
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ)+半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):やせ型、不安神経症
      • 麦門冬湯(バクモンドウトウ):喀痰の切れにくいもの
      • 苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ):喘息に肺気腫を続発したもの
      • 香蘇散(コウソサン):痰なく、喀痰するもの
      • 人参湯(ニンジントウ):腹部軟弱無力で臍の上で振水音がする
    • 【肺炎】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):胸部やみぞおちの張りが激しく、便秘を伴う
      • 小青龍湯(ショウセイリュウトウ):初期で頭痛があり、咳が出る場合
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):熱が続き、胸部が重苦しく舌に白苔ができる
      • 大青龍湯(ダイセイリュウトウ):肉質で、頭重、身体の重だるい
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):気力なく、腹部に動悸を感じ、口乾、汗ばむ
      • 竹葉石膏湯(チクヨウセッコウトウ):衰弱気味、口渇、息苦しい時
      • 炙甘草湯(シャカンゾウトウ):衰弱が目立ち、心悸亢進が著明な場合
      • 真武湯(シンブトウ):脈に力なく、胃腸の弱い人や老人
      • 四逆湯(シギャクトウ):衰弱して、下痢をしたり、手足が冷えた時
  • 循環器

    • 【肋膜炎】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):悪寒・発熱・頭痛・首筋や背中のこわばるもの
      • 小青龍湯(ショウセイリュウトウ):初期で頭痛があり、咳が出る場合
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):熱が続き、胸部が重苦しく舌に白苔ができる
      • 大青龍湯(ダイセイリュウトウ):筋肉質で、頭重、身体の重だるい
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):気力なく、腹部に動悸を感じ、口乾、汗ばむ
      • 竹葉石膏湯(チクヨウセッコウトウ):衰弱気味、口渇、息苦しい時
      • 炙甘草湯(シャカンゾウトウ):衰弱が目立ち、心悸亢進が著明な場合
      • 真武湯(シンブトウ):脈に力なく、胃腸の弱い人や老人
      • 四逆湯(シギャクトウ):衰弱して、下痢をしたり、手足が冷えた時
    • 【心臓弁膜症】
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):動悸、便秘、胸脇苦満
      • 五苓散(ゴレイサン):浮腫、尿量減少、口渇のもの
      • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):心悸亢進、咳や痰があるもの
      • 灸甘草湯(シャカンゾウトウ):貧血、動悸、息切れ、めまいの場合
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):貧血気味、めまい、動悸手足が冷える場合
    • 【狭心症】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):胸脇苦満、便秘がちな場合
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):動脈硬化症があり、動悸、のぼせ、不眠、煩悶、驚き易い
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満型で便秘がちの場合
      • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):胸が塞がった感じのものの、浮腫があり、咳や痰があるもの
    • 【動脈硬化】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):卒中型の人、心下部堅、血圧高く便秘がちの場合
      • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):のぼせ、精神不安、便秘症
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):熱が続き、胸部が重苦しく舌に白苔ができる
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):動悸、めまい、神経過敏、のぼせ、不眠、頭痛
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満型の人の動脈硬化症、肩こり、頭重、便秘
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):のぼせ、頭痛、肩こり、めまい、足冷え
      • 八味丸(ハチミガン):身体倦怠感、腰痛、小便不利、便秘症
      • 釣藤散(チョウトウサン):頭重、めまい、耳鳴り、背痛、腰痛、排尿後の不快感
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):血色勝れず、手足冷え易く、めまい、頭痛、耳鳴り、(婦人の硬化症)
    • 【高血圧】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):心下部に抵抗感、肩こり、便秘、胸苦しい
      • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)+三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):体格は充実しており、神経亢進、不安、便秘
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満症、便秘症、不眠、精神不安
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):神経症状の強いもの、動悸、胸苦しい
      • 通導散(ツウドウサン):下腹部痛、頭痛、便秘がち
      • 温清飲(ウンセイイン)+釣藤(チョウトウ)+大黄(ダイオウ):高血圧症で、尿にタンパクの出る場合
      • 八味丸(ハチミガン):疲れやすく、下肢浮腫、夜間多尿、口渇、腎性高血圧
      • 七物降下湯(シチモツコウカトウ):身体虚弱者の高血圧症、耳鳴り、タンパク尿(腎臓障害を伴う高血圧)
      • 釣藤散(チョウトウサン):早朝に頭痛、のぼせ、気分が勝れない
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):早朝に頭痛、のぼせ、気分が勝れない
      • 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ):胃弱、冷え性、顔色が悪く、めまいのある場合
    • 【低血圧】
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):貧血、冷え性、めまい、肩こり
      • 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ):胃下垂症を伴い、頭痛とめまいがある場合
      • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):体質虚弱者の低血圧者に
      • 八味地黄丸(ハチミジオウガン):低血圧賞で口渇、小便不利のもの
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):弛緩性体質で胃下垂を伴い、疲れやすく食欲不振の場合
      • 十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ):慢性病で疲労、衰弱、貧血のもの
      • 人参湯(ニンジントウ):胃腸が弱く、血色が悪く冷え性の場合
      • 真武湯(シンブトウ):弛緩性の虚弱体質、疲れ易い、下痢をしやすく、めまい、四肢の冷感、貧血
  • 消化器

    • 【口内炎】
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):貧血、冷え性、めまい、肩こり
      • 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ):胃下垂症を伴い、頭痛とめまいがある場合
      • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):体質虚弱者の低血圧者に
      • 八味地黄丸(ハチミジオウガン):低血圧賞で口渇、小便不利のもの
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):弛緩性体質で胃下垂を伴い、疲れやすく食欲不振の場合
      • 十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ):慢性病で疲労、衰弱、貧血のもの
      • 人参湯(ニンジントウ):胃腸が弱く、血色が悪く冷え性の場合
      • 真武湯(シンブトウ):弛緩性の虚弱体質、疲れ易い、下痢をしやすく、めまい、四肢の冷感、貧血
    • 【胃炎】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):胸が苦しく、吐き気、嘔吐、便秘、口渇、舌に褐色の苔がある場合
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):熱が続き、胸部が重苦しく舌に白苔ができる
      • 四逆湯(シギャクトウ):胸腹部に重苦しさがあるような場合
      • 黄連湯(オウレントウ):胃部に抵抗と圧痛のある場合
      • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):食欲不振、吐き気、嘔吐、みぞおちに抵抗感のある場合
      • 平胃散料(へイイサンリョウ):軽症で、食後腹鳴、下痢する場合
      • 茯苓飲(ブクリョウイン):吐き気、胸焼けがあり、尿量の減少する場合
      • 茯苓飲(ブクリョウイン)+半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):神経性胃炎、動悸、めまい、吐き気、胸やけ
      • 六君子湯(リックンシトウ):疲れやすく、貧血症で手足が冷え易い場合
      • 五積散(ゴシャクサン):胃弱の人が冷たいものを飲んで胃炎を起こした場合
      • 旋覆花代赭石湯(センプクカタイシャセキトウ):慢性胃炎で体力衰弱し、おくびの出る場合
    • 【胃下垂】
      • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):悪心、嘔吐があり、腹鳴り、下痢し、食欲不振の場合
      • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):婦人の胃下垂で腹壁がゆるみ、精神症状のある場合
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):精神症状のある場合で、体力もある場合
      • 六君子湯(リックンシトウ):食欲不振、みぞおつつかえ、疲れやすく貧血性の場合
      • 補中益気湯 (ホチュウエッキトウ):胃下垂を緊張させて、体力をつける目的に使う場合
      • 真武湯(シンブトウ):下痢、胃内停水、ム衰弱気味の場合
    • 【胃酸過多】
      • 生姜瀉心湯(ショウキョウシャシントウ):食後、胃の膨満、げっぷ、胸やけ、みぞおちがつかえて硬く触れる場合
      • 四逆湯(シギャクトウ):胸腹部に重苦しさがある胃痛、腹痛
      • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):心下部が痛むもの
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):心悸亢進、息切れ、口渇、貧血症の場合
      • 五積散(ゴシャクサン):貧血、上半身熱感、下半身冷え、下腹が冷え痛む場合
      • 桂枝加附子湯(ケイシカブシトウ):冷え性、頑固な腹痛、血色の悪い場合
      • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):腹痛があって嘔吐、胸やけのない場合
      • 旋覆花代赭石湯(センプクカタイシャセキトウ):生姜瀉心湯で効果が出ない場合
    • 【胃・十二指潰瘍】
      • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):体力があって、痛みと出血が続き、便秘している場合

      • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):みぞおちがつかえ、精神不安、出血する場合
      • 四逆湯(シギャクトウ):腹直筋の緊張が強い場合
      • キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ):便に出血があり、黒色粘便が止まらない場合
      • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):腹に力があり、腹壁が厚く、緊張した場合
      • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):下痢、嘔吐、腹がゴロゴロ鳴る場合
      • 旋覆花代赭石湯(センプクカタイシャセキトウ):胸やけ、げっぷ、胸が膨満感のある場合
      • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ):痛み止めとして用いる場合
      • 帰脾湯(キヒトウ):出血が続き、体力衰弱し、貧血する場合
      • 六君子湯(リックンシトウ):潰瘍が慢性で、貧血、食欲不振の場合
      • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):病気が長引き、体力が衰え、痛みの強い場合
    • 【腸炎】
      • 葛根湯(カッコントウ):急性腸炎の初期、発熱して寒気がして、下腹通がする場合
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):下痢、胃部のつかえ、悪心、嘔吐、口渇き(急性腸炎)
      • 五苓散(ゴレイサン):急性、小児の下痢に特に良い
      • 人参湯(ニンジントウ):手足が冷え、貧血傾向の場合(胃腸虚弱の場合)
      • 真武湯(シンブトウ):慢性の下痢、腸結核の下痢に良い
    • 【盲腸】
      • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):初期急性虫垂炎、盲腸炎、便秘
      • 茵陳蒿湯(インチンコウトウ):腎炎を伴う腹痛
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):盲腸部の疼痛は軽いが、圧痛が長く残っている場合(急・慢性)
      • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):虫垂炎初期、右下腹部腹痛
      • 桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ):慢性虫垂炎、腹部膨満
      • 呉茱萸湯(ゴシュユトウ):偏頭痛をもつ虫垂炎患者に
      • 真武湯(シンブトウ):手足が冷たく、脈弱く、下痢腹痛
    • 【肝炎】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):胸苦しく胃が緊張し、便秘、食欲不振、嘔吐、悪心のある場合
      • 茵陳蒿湯(インチンコウトウ):初期で口渇、便秘、排尿困難の場合
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):口渇き、腹痛のある場合
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ)+茵陳蒿湯(インチンコウトウ):血清肝炎、疲労、倦怠、食欲不振
      • 茵陳五苓湯(インチンゴレイトウ):尿量少なく、口渇きがある場合、全身浮腫
      • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):胸脇苦満、慢性肝炎、胃痛
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):胃腸障害のある場合
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):慢性の婦人、肩こり、疲労感、黄疸
      • 温経湯(ウンケイトウ):下腹部冷感、腹部軟弱の場合
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):老人虚証の慢性、めまい、手足が冷える
    • 【肝硬変】
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ)+茵陳蒿湯(インチンコウトウ):初期で腹水も少ない時、便秘症
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ)+五苓散(ゴレイサン):少し体力があり、腹水がある場合
      • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ):他の方剤で効果の無い時に試みる
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):肝硬変初期で腹水のない場合
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):手足が冷える、疲れ易い
      • 人参湯(ニンジントウ)+五苓散(ゴレイサン):衰弱した場合
      • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):動悸・気力が無く、疲労感のある場合
      • 真武湯(シンブトウ):下痢、冷え性
    • 【胆石】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):体質の充実した人、肝臓部の鬱寒感、疼痛、嘔吐、発熱、黄疸
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):微熱、悪感、胸がつまり、口苦、食欲不振、嘔吐
      • 黄連湯(オウレントウ):胃部停滞圧重感、悪心、嘔吐、腹痛
      • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):腹筋緊張し、疼痛を伴う場合
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):症状が長引いて、体力が弱り、頭汗、盗汗の場合
      • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ):疼痛発作の時に頓服
      • 四逆湯(シギャクトウ):手足が冷え、悪感、嘔吐のある場合
  • 泌尿器

    • 【腎炎急性】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):便秘、耳鳴り、肩こり、胸脇苦満
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):神経症状の強い場合
      • 四逆湯(シギャクトウ):足腰の冷え、軽い精神不安、便秘
      • 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ):性的過労、遺精、陰萎、腹に動悸を感じる場合
      • 桂枝湯(ケイシトウ):ノイローゼ程度で、のぼせるもの
      • 平胃散料(へイイサンリョウ):胃腸症状が顕著な場合
      • 帰脾湯(キヒトウ):過度の精神疲労や体力消耗があり、動悸などの症状がある場合
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):腹に力なく、寝汗や食欲不振のある場合
    • 【腎炎慢性】
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):便秘の著明でない場合
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):血圧が高く、尿量が少なく、動悸し易く、胸部が重苦しい場合
      • 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ):多汗で、下肢に浮腫のある場合
      • 七物降下湯(シチモツコウカトウ):最低血圧が高く、蛋白尿がある場合
      • 苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ):貧血、浮腫、動悸などがあり、心臓も衰弱している場合
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):慢性症で貧血、食欲不振、腹水も少しあって元気のない場合
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):下痢、軟便、貧血、冷え症
    • 【腎盂炎】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):舌が黄色で、便秘症の場合
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):お血性で便秘がちな場合
      • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):腎臓部が腫れて便秘が続く場合
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):寒熱が往来して、食欲不振の場合
      • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):腎臓部が痛み、嘔吐し易い場合
      • 五苓散(ゴレイサン):尿が少なく、濁っていて、口渇き、頭痛を伴う場合
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):寒熱が往来して、息切れ、尿利減少する場合
      • 猪苓湯(チョレイトウ):尿意が頻繁で、排尿時に痛む場合
    • 【腎・膀胱結石】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):腹部膨満感、胸元まで重苦しく便秘がちで体力のある場合
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満した人に用いる
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):お血性で便秘がちな場合
      • 五苓散(ゴレイサン):口渇き、尿量減少、食欲不振の場合
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):口渇き、尿量減少、食欲不振の場合
      • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):下腹が張って、便秘の場合
      • 猪苓湯(チョレイトウ):血尿又は、排尿困難な場合(主に膀胱結石)
      • キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ):腎臓・膀胱結石による血尿の場合
      • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ):痛みがはげしい場合、頓服させる
    • 【膀胱炎】
      • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):体力があって、便秘がちな場合
      • 五苓散(ゴレイサン):初期で口渇き、尿は濁っている場合
      • 猪苓湯(チョレイトウ):急性で出血を伴い痛みがはげしい場合(特に、急性の膀胱炎)
      • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ):炎症が強く尿がしぶり痛みも強い場合
      • 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ):下肢が冷え、むめまい、頭痛のあるもの
  • 新陳代謝

    • 【貧血】
      • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):失血性の貧血、のぼせ、不安
      • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):失血性の貧血、のぼせ、不安
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):小児期貧血
      • 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ):小児期貧血
      • 四物湯(シモツトウ):補血および各種軽度の出血に用いる
      • 四物湯(シモツトウ)+苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ):貧血、頭痛、めまい、動悸、浮腫
      • 温清飲(ウンセイイン):出血の傾向のあるもの
      • キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ):出血が長引く場合
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):頭痛、動悸、精神不安、寝汗
      • 炙甘草湯(シャカンゾウトウ):貧血のため少し動くと動悸と息切れのある場合
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):冷え症で貧血、疲れ易く、めまいのする場合
      • 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ):気力が衰えて、胃腸が弱い場合
      • 人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ):虚弱体質で血色の悪い場合
    • 【脂肪過多】
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):上腹部膨満し、便秘して足がだるい場合
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ)+桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):月経量の少ない場合
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)+大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):お血、月経不順、のぼせ、めまい、頭痛の場合
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):全般的に腹が膨満し、便秘傾向のある場合
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):動悸、精神不安、性欲減退
      • 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ):水ぶとりで多汗、浮腫の場合
    • 【糖尿病】
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):舌が黄色で、便秘症の場合
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):昏睡に陥る前に一時興奮状態となり、意識混濁した場合
      • 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ):陽証、初期で体力は充実し、口渇き、多尿の場合
      • 温清飲(ウンセイイン):昏睡むに陥った場合
      • 竹葉石膏湯(チクヨウセツコウトウ):体力やや衰弱し、皮膚枯燥する場合
      • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ):壮健体質で泌尿器疾患に用いられる
      • 炙甘草湯(シャカンゾウトウ):体力衰弱し、心悸亢進、呼吸促迫の場合
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):視力障害、強い疲労感のある場合
  • 運動器

    • 【関節炎】
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満体質の人で奇形性関節炎を病む場合
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):血腫を起こし、屈伸困難な場合(外傷性関節炎)
      • 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ):関節水腫、膝関節が痛む場合
      • 黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ):淋毒性のもので、下熱後、なお疼痛がする場合
      • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):疲労して貧血し、頭痛のある場合
      • 桂枝芍薬知母湯(ケイシシャクヤクチモトウ):慢性化し、腫脹疼痛があって、膝関節がはれる場合
      • 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ):慢性化した場合
    • 【五十肩】
      • 葛根湯(カッコントウ):発病初期、脈も筋肉も緊張し、胃腸も丈夫な場合
      • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):胸脇苦満があって、便秘性の場合
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満体質の人で便秘気味の場合
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):安静なときには痛まず、上肢を動かす時に鈍痛を感じる場合
      • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ):肩背筋の拘攣がひどい場合
      • 桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ):虚弱体質の冷え性の人で貧血のある場合
    • 【リウマチ】
      • 葛根湯(カッコントウ):筋肉リウマチで、背肩等の筋肉が硬く痛む場合
      • 麻杏ヨク甘湯(マキョウヨクカントウ):四肢の筋肉リウマチ、皮膚が乾きつがない場合
      • 麻黄加朮湯(マオウカジュツトウ):初期で軽症の身痛、関節痛
      • ヨク苡仁湯(ヨクイニントウ):多発性関節リウマチ膝関節炎
      • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ):急激に起こる筋肉の痙攣痛
      • 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ):慢性症で肥満した婦人、疼痛軽微な場合
      • 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ):慢性症でお血のあるものの上半身のリウマチ
      • 桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ):体力が弱く、手足の冷える場合
      • 桂枝芍薬知母湯(ケイシシャクヤクチモトウ):慢性症で関節は腫れて、皮膚がガサガサしている場合
  • 神経系

    • 【ノイローゼ】
      • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):体力があり、のぼせ、顔色が赤く、いらいらする場合
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):精神不安、動悸、不眠
      • 茯苓飲(ブクリョウイン)+半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):めまい、胸やけ、動悸、尿量減少する場合
      • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):気分が塞ぎ、特に動悸、めまい、吐き気を伴う場合
      • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):悪心、嘔吐、食欲不振、下痢傾向のある場合
      • 小柴胡湯(ショウサイコトウ)+半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):のどに異物感があって、気分が塞ぐ場合
      • 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ):疲れ易く、興奮し易い場合
      • 柴胡清肝湯(サイコセイカントウ):癇の強い傾向のある小児
      • 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ):めまい、ふらつき、特に尿量減少する場合
      • 温経湯(ウンケイトウ):手足がほてり、唇が乾く場合の不眠症に
      • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):虚弱体質で疲労し易い場合
      • 温清飲(ウンセイイン):皮膚のつやが悪く、のぼせる場合
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):精神不安、不眠、いらいらのある場合
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):冷え症、貧血、動悸、息切れのある場合
    • 【神経痛】
      • 葛根湯(カッコントウ):神経痛の急性期の初期に
      • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満型の慢性神経痛の場合
      • 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ):夜の痛みが激しい場合
      • 五苓散(ゴレイサン):口渇き、尿量減少の場合
      • ヨク苡仁湯(ヨクイニントウ):筋肉痛、亜急性の関節痛
      • 麻杏ヨク甘湯(マキョウヨクカントウ):背中に寒さを覚えるものの神経痛
      • 五積散(ゴシャクサン):慢性に経過し、症状の激しくない場合
      • 柴陥湯(サイカントウ):胸痛、肋間神経痛
      • 桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ):胃腸が弱い、腕神経痛
      • 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ):疲れ易く、汗かきの人の関節痛に

【はしか】 【百日咳】 【口内炎】 【消化不良】 【虚弱体質】 【よなき】

※ステキに漢方相談では、症状に合わせた一般的な処方を掲載しております。実際に服用される場合は、必ず薬剤師の指示にしたがって服用してください。

  • はしか

    • 葛根湯(カッコントウ):しかの疑いの時、又は確定した場合
    • 升麻葛根湯(ショウマカッコントウ):診断が確定した時、発疹を促す
    • 葛根黄連黄ゴン湯(カッコンオウレンオウゴントウ):高熱、呼吸が苦しく、咳嗽、下痢気味の時
    • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):幼児がはしかに患ったとき、突然腹痛を訴えた場合
    • 竹葉石膏湯(チクヨウセツコウトウ):高熱、口渇、不安、うわごと
    • 十全大補湯(ジュウゼンダイホトウ):慢性病で疲労、衰弱、貧血のもの
    • 真武湯(シンブトウ):はしかに急性肺炎を併発した場合
  • 百日咳

    • 竹葉石膏湯(チクヨウセツコウトウ):熱が内部に潜んで津液枯燥のもの、口渇のある場合
    • 小青龍湯(ショウセイリュウトウ):痙咳期に用い、咳、嘔吐、結膜の充血のある場合
    • 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ):全経過を通じて用いられる
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ)+半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):結核の続発を防止、神経質な小児の場合
    • 麦門冬湯(バクモンドウトウ):痰が切れて難く、のどが乾燥し、痙攣性の咳嗽が激しい場合
    • 苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ):水のような薄い痰を伴った咳嗽のある場合
    • 甘麦大棗湯(カンパクタイソウトウ):痙攣性咳嗽が連続して猛烈な場合
  • 口内炎

    • 茵陳蒿湯(インチンコウトウ):口渇き、尿量少なく、便秘する場合
    • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):口熱甚だしく、初期便秘気味の場合
    • 葛根黄連黄ゴン湯(カッコンオウレンオウゴントウ):舌炎、口渇き、便秘性の場合
    • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):悪心、嘔吐、食欲不振、腹鳴り下痢の場合
    • 生姜瀉心湯(ショウキョウシャシントウ):みぞおちつかえ、げっぷを伴う口臭がある場合
    • 黄連湯(オウレントウ):胃部の重圧感、食欲不振のある場合
    • 温清飲(ウンセイイン):慢性の経過をとり、潰瘍が相次ぎ出来た場合
  • 消化不良

    • 五苓散(ゴレイサン):水瀉性下痢(比較的初期)の場合
    • 柴苓湯(サイレイトウ):嘔吐、口渇き、食欲不振、水瀉性下痢の場合
    • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):みぞおちがつかえ、悪心、嘔吐、下痢のある場合
    • 平胃散料(へイイサンリョウ):胃がもたれている場合
    • 六君子湯(リックンシトウ):胃弱、食欲不振、手足が冷える場合
    • 人参湯(ニンジントウ):疲労衰弱し、泥状便の場合
  • 虚弱体質

    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):胃が強い小児、微熱が続く場合
    • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):衰弱し、疲れ易く、微熱、盗汗、口渇、軽い咳がある場合
    • 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ):風邪をひくと喘鳴が続く場合
    • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):精神神経症状、時に便秘傾向のある場合
    • 六君子湯(リックンシトウ):胃腸が弱く、気力に乏しい場合
    • 黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ):疲労し易く、盗汗のある場合
    • 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ):全身衰弱甚だしく、胃腸の悪い場合
    • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):元気が無く、胃腸の働きが衰えて疲れ易い場合
    • 人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ):寝汗、手足の冷え、貧血、体力低下のある場合
  • よなき

    • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):比較的しっかりした小児で、動悸、不眠などを伴う精神不安
    • 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ):神経質な虚弱体質のもののよなき
    • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):腹痛でよなきする場合(虚弱児の体質改善薬)
    • 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ):よなきの場合
    • 甘麦大棗湯(カンパクタイソウトウ):神経質で、少しの刺激にも過敏で興奮したり驚きやすい場合
    • 黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ):疲労し易く、盗汗のある場合

【打撲】 【やけど】 【しもやけ】 【痔疾患】 【脱腸】

※ステキに漢方相談では、症状に合わせた一般的な処方を掲載しております。実際に服用される場合は、必ず薬剤師の指示にしたがって服用してください。

  • 【打撲】

    • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):精神不安が強く、ショック、めまいなどがある場合
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):下腹部に圧痛があって便秘がちな場合
    • 通導散(ツウドウサン):打撲の常用方剤
  • 【やけど】

    • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):軽い熱傷で、のぼせがあり、気分がいらいらする場合
    • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):軽い熱傷で、のぼせがあり、気分がいらいらする場合
    • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):動悸、不眠、興奮などがあって、発熱がある場合
    • 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ):全身性熱傷で口渇きの強い場合
    • 四逆湯(シギャクトウ):全身性熱傷で疲労の甚だしい場合
    • 人参湯(ニンジントウ):全身性熱傷で疲労の甚だしい場合
  • 【しもやけ】

    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):凍傷にかかり易い体質で、お血がおる場合に連用する
    • 四物湯(シモツトウ):胃腸障害の無い人で、皮膚が枯燥した場合
    • 温経湯(ウンケイトウ):手足がほてり、唇が乾く場合
    • 温清飲(ウンセイイン):冷え症、皮膚乾燥し、荒れている場合
    • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):体力弱く、冷え症で凍傷にかかり易い人の予防に
  • 【痔疾患】

    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):痔ろうで肥っていて便秘性の場合
    • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):充血の著しい場合
    • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):のぼせ気味、精神不安で便秘がちの場合
    • 乙字湯(オツジトウ):痔一般に
    • 麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ):結核性で気管支炎を併発した場合
    • 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ):疲労し易く、血色のすぐれないものの痔痛
    • キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ):出血、貧血、衰弱した場合
    • 帰脾湯(キヒトウ):衰弱激しく、貧血して胃腸も弱っている場合
  • 【脱腸】

    • 乙字湯(オツジトウ):軽症の場合
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):神経質で、みぞおちが硬く胸苦しい場合
    • 桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ):痩せた老人や小児のヘルニア
    • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):ヘルニア素質の小児で、体質が弱く、疲れ易い場合に連用します
    • 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ):脱肛の痛み
    • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):虚弱体質で内臓の下垂がある場合
    • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):脱肛して痛む場合
    • 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ):脱肛(衰弱している場合)

産科つわり流・早産乳腺炎産

婦人科月経異常子宮内膜炎不妊症更年期障害血の道症

※ステキに漢方相談では、症状に合わせた一般的な処方を掲載しております。実際に服用される場合は、必ず薬剤師の指示にしたがって服用してください。

  • 産科

    • 【つわり】
      • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):神経症が強く、尿意が頻繁に起こる場合
      • 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):つわりによる嘔吐、下痢の場合
      • 桂枝湯(ケイシトウ):妊娠の感冒(虚弱体質)に
      • 五苓散(ゴレイサン):尿が少なく、口が非常に渇く場合
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):妊娠中の腹痛、嘔吐に
      • 呉茱萸湯(ゴシュユトウ):つわりによる嘔吐、冷えに
      • 五苓散(ゴレイサン):口渇、尿量減少し食欲不振
      • 旋覆花代赭石湯(センプクカタイシャセキトウ):胃痛、げっぷ、胸やけ、嘔吐を伴う便秘がちな場合
      • 人参湯(ニンジントウ):つわりで衰弱した場合(冷え性)
    • 【流・早産】
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):下腹部に抵抗があり、出血の続く場合
      • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):宿便があって、右下腹部に圧痛がある場合
      • キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ):出血が少ない時に止血の目的で用います
      • 四物湯(シモツトウ):流産後の疲労回復に
      • 温経湯(ウンケイトウ):流産癖、不妊症の場合
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):産前産後、流産による障害、習慣性流産者への連用に
      • 帰脾湯(キヒトウ):貧血高度で体力の回復しない場合
    • 【乳腺炎産】
      • 葛根湯(カッコントウ):発熱、寒気、肩こり、乳腺のしこり、化膿性でも鬱滞性に用いても良いです
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):のぼせ症で、頭痛、肩こり、足冷えのある場合
      • 四物湯(シモツトウ):鬱滞性で痛みが強く、しこりの硬い場合
      • 排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ):膿傷になって排膿しない場合
  • 婦人科

    • 【月経異常】
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)+ヨク苡仁湯(ヨクイニントウ):のぼせ、足冷え、めまい、肩こり
      • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):下腹部痛、便秘がちなものの月経不順
      • 折衝飲(セッショウイン):下腹部に圧痛があって、便秘がちな場合
      • 通導散(ツウドウサン):下腹部に圧痛があって、便秘がちな場合
      • 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ):一時的な無月経、想像妊娠
      • 香蘇散(コウソサン):一時的な無月経、想像妊娠
      • 温清飲(ウンセイイン):出血が長引く場合
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):一般的原因の無月経
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ)+四物湯(シモツトウ):虚弱な婦人、疲れ易く、不安な人の月経不順
      • 四物湯(シモツトウ):月経閉止で貧血の傾向で、胃腸障害のない場合
      • 温経湯(ウンケイトウ):手足がほてり、唇が乾くものの月経不順
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):貧血気味で冷え症、虚弱体質の月経痛
      • 五積散(ゴシャクサン):慢性で経過し、症状の激しくないものの月経痛
      • 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ):疲労し易く、血色のすぐれないものの月経痛
      • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):全身疲労、多量の出血の場合
      • 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ):全身疲労、多量の出血の場合
      • 帰脾湯(キヒトウ):全身疲労、多量の出血の場合
    • 【子宮内膜炎】
      • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):悪臭のある膿様帯下が多く、尿道膀胱炎を併発した場合
      • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ):諸内膜炎の急性、慢性期に用いられる
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):炎症充血症状軽く、白帯下、手足冷え、貧血の場合
      • キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ):慢性症になって出血が長引く場合
    • 【不妊症】
      • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):下腹部の圧痛、炎症充血が著明で、悪臭のある帯下をみる場合
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):顔色も良く、左下腹部に鬱血があって抵抗や圧痛を認めるものの不妊症
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)+大柴胡湯(ダイサイコトウ):胸脇苦満、頭痛、めまい、便秘
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):冷え症、肩こり、頭痛、不眠の場合
      • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ):慢性淋疾による不妊症の場合
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):発育不全、冷え症、貧血などによる虚弱体質の場合
      • 四物湯(シモツトウ):貧血、皮膚枯燥の不妊の場合
      • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):痩せ型、疲れ易く胃腸も弱い場合
      • 温経湯(ウンケイトウ):腹が張り、足腰の冷え、手の煩熱のある場合
      • 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ):体質虚弱で貧血甚だしく、疲労し易い場合
    • 【更年期障害】
      • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):のぼせ気味、顔面紅潮し、精神不安、便秘がきの場合
      • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):のぼせ、頭痛、耳鳴り、月経過多の場合
      • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):動悸、頭痛、不眠、驚き易い、肩こり、のぼせ
      • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):ヒステリー気味の場合
      • 温経湯(ウンケイトウ):手足がほてり、唇が渇く場合
      • 温清飲(ウンセイイン):皮膚のつやが悪く、のぼせる場合
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):体質虚弱、疲れ易く、精神不安、便秘症の場合
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ)+四物湯(シモツトウ):皮膚枯燥、色つやが悪く、胃腸障害はなく、肩こり、精神不安の場合
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):冷え症、貧血、動悸、息切れ、神経過敏の場合
      • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):冷え症、貧血、耳鳴り、めまいの場合
      • 五積散(ゴシャクサン):慢性的で症状の激しくない場合
      • 甘麦大棗湯(カンパクタイソウトウ):不眠、神経過敏の場合
    • 【血の道症】
      • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、便秘傾向の場合
      • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):比較的体力があって、のぼせ気味で、いらいらする場合
      • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):比較的体力があり、下腹部痛、便秘症の場合
      • 温清飲(ウンセイイン):皮膚のつやが悪く、のぼせる場合
      • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ)+四物湯(シモツトウ):虚弱体質で胃腸障害なく、精神不安の場合
      • 四物湯(シモツトウ):皮膚枯燥し、色つやの悪い場合
      • 温経湯(ウンケイトウ):手足がほてり、唇が乾くものの月経不順
      • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ):冷え症、貧血、動悸、息切れ、神経過敏の場合

【湿疹】 【皮膚かさ痒症】 【じんましん】 【にきび】 【しみ】 【みずむし・たむし】 【表皮角質】 【円形脱毛】 【性病】

※ステキに漢方相談では、症状に合わせた一般的な処方を掲載しております。実際に服用される場合は、必ず薬剤師の指示にしたがって服用してください。

  • 【湿疹】

    • 葛根湯(カッコントウ):急性初期、発熱、かゆみ、熱感を伴う場合
    • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):強壮体質で、胃部がはっているような場合
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満型で便秘かちな場合
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):湿疹、皮膚炎(慢性化)の場合
    • 排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ):化膿性で軽度の場合
    • 温経湯(ウンケイトウ):手足がほてり、唇が乾く場合
    • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ)+四物湯(シモツトウ):身体虚弱の婦人、貧血気味の場合
    • 柴胡清肝湯(サイコセイカントウ):癇癪の強い小児に
    • 当帰飲子(トウキインシ):冷え性、分泌物の少ない場合
    • 真武湯(シンブトウ):虚弱体質、冷え性の場合
  • 【皮膚かさ痒症】

    • 温清飲(ウンセイイン):のぼせがちで、かゆみのある無場合
    • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ):陰門そう痒症の場合
    • 当帰飲子(トウキインシ):老人、脂気少なく、かゆみの続く場合
    • 真武湯(シンブトウ):冷え性、冬になると症状がひどなる場合
  • 【じんましん】

    • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):胃部が張っている場合
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):腸性自家中毒を起こし易い場合
    • 茵陳蒿湯(インチンコウトウ):東部に汗がでて、便秘がち、尿不利り場合
    • 葛根湯(カッコントウ):初期、熱があって赤く腫れ、かゆみのある場合
    • 桂枝麻黄各半湯(ケイシマオウカクハントウ):発疹がでてかゆみが強く、熱も多少ある場合
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):寒冷、麻疹、慢性化の場合
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):婦人でかゆみのある場合
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):湿疹、皮膚炎(慢性化)の場合
    • 香蘇散(コウソサン):魚を食べた後で起こった場合、神経質の場合
    • 真武湯(シンブトウ):下痢、胃腸が弱く、冷え症の老人
  • 【にきび】

    • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):体格良く、便秘傾向のある場合
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):のぼせて手足が冷える場合
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)+ヨク苡仁湯(ヨクイニントウ):鬱血性体質の人や夫人(整理不順を伴う)場合
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):中肉の人で胃部がつかえる人に長期服用します
    • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ):鼻が悪いような人のにきび
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):顔が浅黒く、疲労、食欲不振の場合
    • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ)+四物湯(シモツトウ):疲れ易く、皮膚枯燥し、精神不安の場合
    • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)+ヨク苡仁湯(ヨクイニントウ):貧血性、冷え性の婦人の場合
  • 【しみ】

    • 葛根湯(カッコントウ):急性初期、発熱、かゆみ、熱感を伴う場合
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):肥り気味で、下腹に抵抗圧痛、鬱血性のもの
    • 四物湯(シモツトウ):皮膚枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない場合
    • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ):婦人科の手術をしたことのある場合
    • 加味逍遙散料(カミショウヨウサンリョウ)+四物湯(シモツトウ):虚弱貧血性の婦人、或いは更年期近くなって現れた場合
    • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)+ヨク苡仁湯(ヨクイニントウ):貧血性、冷え症の人で、妊娠中より発生した場合
  • 【みずむし・たむし】

    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肉食するとみずむしが悪化する場合
    • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):経過が長引く場合
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):丘疹状をなして、充血して、灼熱感を伴う場合
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):湿疹、皮膚炎(慢性化)の場合
    • 麻杏ヨク甘湯(マキョウヨクカントウ):慢性化して乾燥したみずむしの場合
    • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ):陰部にでき、かゆみが激しく、痛みを伴う場合
    • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):血色悪く、冷え性の場合
  • 【表皮角質】

    • 麻杏ヨク甘湯(マキョウヨクカントウ):筋肉に痛みを起こし易い人のいぼに
    • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)+ヨク苡仁湯(ヨクイニントウ):若い婦人、痩せ型の冷え症の場合
  • 【円形脱毛】

    • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):強壮体質で、胃部がはっているような場合
    • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):臍の上に動悸を感じ、便秘したり、神経質な場合
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満型で便秘かちな場合
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):湿疹、皮膚炎(慢性化)の場合
    • 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ):疲労し易く、神経過敏な場合
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):食欲不振、胸脇苦満(青少年)
  • 【性病】

    • 麻黄湯(マオウトウ):初期、寒気や腰痛あるときに頓服用として
    • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):炎症の激しい初期、便秘している場合
    • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):血尿の強い場合
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満体質で淋糸がふえたり、尿濁ル無場合
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):下腹部に抵抗と圧痛ある場合
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):体質改善目的で使用します
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):先天梅毒に常用します
    • 猪苓湯(チョレイトウ):急性、排尿痛のある場合
    • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ):初期の横玄、軟性下り
    • 桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ):梅毒患者の神経痛に
    • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):一般に軽い人で、血色悪く、冷える場合
    • 小建中湯(ショウケンチュウトウ):子宮や付属器に炎症が波及して衰弱、腹痛のある場合

【ものもらい】 【結膜炎】 【白内障】 【緑内障】 【眼底出血】

※ステキに漢方相談では、症状に合わせた一般的な処方を掲載しております。実際に服用される場合は、必ず薬剤師の指示にしたがって服用してください。

  • 【ものもらい】

    • 葛根湯(カッコントウ):赤くなって腫れ始めた時に
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満体質、肉食過多のために出易い場合
    • 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ):便秘傾向の場合
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):若い婦人で再発し易い場合
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):化膿傾向の強い場合
  • 【結膜炎】

    • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):充血著明で顔も赤いような場合
    • 小青龍湯(ショウセイリュウトウ):流涙、充血が著明な場合
  • 【白内障】

    • 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ):顔が赤くのぼせ、頭痛、便秘がちな場合
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満体質、美食家の体質改善
    • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):動悸、不眠を伴う場合
    • 葛根湯(カッコントウ):初期で肩こり、首筋のこりなどを伴う場合
    • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):虚弱者、貧血、冷え症の場合
    • 茯苓飲(ブクリョウイン):胃下垂のある場合
    • 苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ):腰以下、冷え、尿利多い場合
    • 人参湯(ニンジントウ):胃腸が弱く、血色の悪い場合
  • 【緑内障】

    • 柴胡加龍骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ):慢性化、動悸、不眠、精神不安のある場合
    • 大青龍湯(ダイセイリュウトウ):急性炎症、疼痛甚だしく眼充血著しく、頭痛のある場合
  • 【眼底出血】

    • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):一般に出血の目的に用います
    • 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):経過の長引くものに連用します
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):結核性のものに体質改善目的で用います
    • 温清飲(ウンセイイン):出血が続く場合
    • キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ):出血が続く場合

【外耳炎】 【中耳炎】 【鼻炎】 【蓄膿症】

※ステキに漢方相談では、症状に合わせた一般的な処方を掲載しております。実際に服用される場合は、必ず薬剤師の指示にしたがって服用してください。

  • 【外耳炎】

    • 葛根湯(カッコントウ):初期に用います
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):経過が長引いた場合
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):初期で化膿しはじめる頃に
    • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ):やや長引いて化膿している場合
  • 【中耳炎】

    • 葛根湯(カッコントウ):初期に用います
    • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):腹部が膨満し、便秘がちな場合
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満体質で、排膿があり、便秘の場合
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):慢性化したもの
    • 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ):頭痛を伴う場合
    • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ):耳鳴り、発熱、分泌物の多い場合
  • 【鼻炎】

    • 葛根湯(カッコントウ):鼻カタルの場合
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):体質改善の目的で用います
    • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):粘液、膿性の分泌物のある場合
    • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ):分泌物が続き、慢性化しかけた場合
  • 【蓄膿症】

    • 葛根湯(カッコントウ):急性、頭重、鼻閉塞のある場合
    • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):便秘、肩こりの傾向がある場合
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):肥満体質、美食家の体質改善に
    • 小柴胡湯(ショウサイコトウ):やや虚弱な場合
    • 辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ):濃い鼻汁が出る場合
    • 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ):慢性化したものに一般に無用います
    • 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ):胃弱者、頭痛、めまい
    • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ):慢性化し、疲れ易い場合
    • 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ):貧血気味の場合

※ステキに漢方相談では、症状に合わせた一般的な処方を掲載しております。実際に服用される場合は、必ず薬剤師の指示にしたがって服用してください。

  • 【虫歯・歯槽膿漏】

    • 葛根湯(カッコントウ):発病初期、頭痛、肩こりのある場合
    • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):歯痛一般、炎症、腫れ出血
    • 大柴胡湯(ダイサイコトウ):便秘、歯槽膿漏
    • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン):便秘、炎症が激しく、分泌物も多い場合、歯槽膿漏
    • 補中益気湯(チュウエッキトウ):疲労、貧血、食欲不振の場合
    • 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ):衰弱、貧血が著しい場合
きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安