ページ
先頭へ


ホーム > アレルギーの漢方相談 > アレルギー性鼻炎

アレルギーの漢方相談

アレルギー性鼻炎

西洋医学での診断

アレルギー性鼻炎の原因となる物質として、ハウスダスト、ダニ、犬や猫などのペット、カビ、花粉など様々なものがあります。

この原因となる物質(抗原)が体の中に入ろうとすると、体はその抗原から身を守ろうとします。このとき作られる物質を抗体といいます。抗原が体内へ入ると、抗体と結合して病気の発病を抑える働きをします。
しかし、同じ抗原が再び体内へ入ってきたとき、抗体は抗原抗体反応を起こします。そして特殊なものとなって病的症状が起きることをアレルギー反応といいます。

鼻づまりで匂いがわかりづらかったり、常に鼻水が出るために、鼻をかむことも多くなり、くしゃみの回数も増えると思います。しかし、この症状に歴とした役割があるのです。

アレルギー性鼻炎

鼻水の役割は、入ってきた花粉を洗い流し、くしゃみは花粉が体内に入ろうとしているのを吹き飛ばしているのです。それらの症状は、花粉という外敵から体を守る行動なのです。

悪化させる要因としてストレスや食生活、室内環境などが挙げられます。そんな花粉症も一年中症状があるわけではありません。アレルギー性鼻炎の中で、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎があります。花粉症は、花粉が飛び交う春頃の季節のみに存在するアレルギーなので、季節性アレルギー性鼻炎に含まれます。

アレルギー性鼻炎の治療

<薬物療法>

抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン剤などを内服します。鼻づまりのひどい場合には、抗アレルギー剤の点鼻を行います。

<減感作療法>

体内にあらかじめアレルゲン物質のエキスを注射します。そして、アレルギーを起こさせないように、体の中に遮断抗体を作らせ体を守ります。この治療は長期間に渡ります。(2~3年程度)

<その他>

アレルギーの原因となっている室内のほこりやカビなどは、掃除をして環境を整えることで軽減をはかることができます。

漢方での診断

漢方では、アレルギー性鼻炎と花粉症は同じと判断します。寝不足、食生活が悪いため血液が汚れている方が多いようです。

きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安