ページ
先頭へ



アレルギーの漢方相談

蓄膿症

西洋医学での診断

蓄膿症の主な部位として副鼻腔という部位があります。
副鼻腔は鼻腔の周囲にあって、鼻腔に通じる四対の空所のことをいいます。
空洞には4つあり、上顎洞、し骨洞、前頭洞、蝶形骨洞があります。

蓄膿症の原因

蓄膿症の原因は、細菌やウイルスによるものと、ハウスダストや花粉などによるアレルギーが原因によるものがあります。これらの原因が洞内に感染することで、粘膜や骨壁に炎症が起こります。炎症が起こると、膿や粘液が排出されず副鼻腔にたまり、副鼻腔炎(蓄膿症)を引き起こします。

蓄膿症の症状

鼻づまり、鼻水の他に頭重感、頭痛、鼻汁のほかに、においが分からないなどがあります。

蓄膿症の治療

  • 薬物療法、消炎酵素剤、抗生物質などにより、炎症症状を抑える
  • 洗浄
    鼻腔と副鼻腔の塞がっている部分を洗浄することによって、通過性を良くし開通させる
  • 手術療法
    薬物療法や洗浄などを行っても症状が改善しない場合には、手術療法を行う

漢方での診断

蓄膿症は、アレルギー性鼻炎などと違って、かなり根気の要るものです。
食事、睡眠などに気をつけて、根気強く改善していきましょう。

きっと大丈夫!今、あなたを悩ませている病気や不安